読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

more better.

an aspiring IT engineer.

Kindleレビュー

PRAIVATE

f:id:matamune99:20161229235036j:image

 

冬のボーナスでKindle peperwhiteを購入した。今まではタブレット端末で本を読んでいいましたが、眼精疲労防止のため前々からほしかったKindle peperwhiteを買いました。

良かった点

・軽い/薄い

・寝る前に読んでも目が疲れない

最高の読書ライフのために

 

やりぬく力

BOOK

最近読んだ本

社会人にとって「やりぬく力」は非常に重要な要素だと改めて実感。


自分はすぐ新しいことに目移りしてしまい、一つの事を長期間続けるということが苦手である。これまでの人生の中でやり抜いたといえることは4年間続けた居酒屋のアルバイトぐらいしか思い当たらない。スポーツや習い事は小さいころから長続きしなかった。途中で行くのがめんどくさくなり「もういいや」となげやりになって辞める典型的なダメな子供でした。正直、親としては大変だったと思う(笑)
興味関心は様々な事に向けられるが、すぐにやめるため何も残っていない。

現在はそれではいけないと強く思っているため、今働いている仕事は絶対にやめないしエンジニアとして自分の強み(ITスキル)を磨いて自分の付加価値を高めていきたい




やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

今年の振り返り

WORK

今年は私が入社して2年目を迎え色々なことがありました。

◇オフィス環境の改善プロジェクトを任された事
現在進行中のプロジェクトではありますが、プロジェクトの進め方を学んでいる最中です。
ITと直接関わりはありませんが、今後10年間働いていく私たちのオフィスを自分の手で決めるなんて最高な仕事だと思います。オフィスの環境を整備することで社員の不満を解消し、絶対に成功させます。

◇応用情報処理試験対策に本腰を入れる
10月に試験を受けて結果的に落ちましたが、情報セキュリティスペシャリストの教本で勉強した事で現在携わっている業務の全体像を把握することができました。また、ネットワークの分野についても基礎レベルまで理解を深めることができたのはよかったと思います。

◇社長に気に入られる
 10月頃に社長と一緒に出張に行った際に、自分がため込んでいた会社に対する思いや願いをすべて訴えました。そのこともあってか社長から上記に記載してあるオフィス環境の改善プロジェクトを名前指名で任して頂きました。
ボスマネジメントという言葉がありますが、直属の上司に会社に対する不満・思いを訴えても動かないためトップと直接話をし自分の願いを通す方法は非常に有効だと思います。
自分の人生ですので、自分のやりたいことやってみたいことを本気で行いエンジニアとして技術力・提案力を高め会社の歴史に残るような人材になりたいです。

 社内政治で上手く世間渡りするためには権限を持った人に気に入られることが重要です。この人ならば飛び込んでいけると思える人がいれば、若いうちは飛び込んでいき会社に対する思いを訴えてみるということは非常に良いことかもしれません。

今後の目標について修正

WORK

背景

某ネットワークシステムインテグレータに出向が決まりました。
まだ、確定ではないですが裏で話が進んでいるようです。
正直、僕にとっては夢のような話で、現在の会社に在席しながら
他の会社を学べるなんて非常にありがたいことです。
自分の社長に直訴して本当に良かった。
ようやく種から小さな花が咲いたような気持ちです。

地方に比べ東京は最新技術・経済の中枢であり地方で働いていては学べないことばかりだと思います。

大手ベンダーで働くということは
ネットワーク及びサーバの最低限の知識は絶対的に必要になります。
私の技術力は現在、素人に毛が生えた程度でまだ使い物になりません。

会社について

WORK

上司の退職について自部の方が2名退職される。
一人は、部長もう一人は元テーブルマスタ。
本当に自分の文章力がないなぁ
感想が書けない小学生のようだ。
部長について
自分が入社して初めての部長で新入社員に非常にフランクに話してくれて人当たりが良い人であったが
管理職として必要な能力は不足していたように思える。「自分の過ちを人のせいにする」「」

応用情報について
受験票を捨ててしまったので結果がまだわからない。合格してるとは思うけど少し不安でした

君の名は。

PRAIVATE

◇経緯
今大ヒットを飛ばしているあの有名な映画、「きみの名は。」を女の子と一緒に見に行った。
小学校時代、中学生時代の同級生で、入学後小学一年生で同じクラス隣の席だった子だ。
僕は幼稚園から小学生に上がりたての時本当に人見知りでがちがちに緊張して学校生活を送っていた。
がちがちに緊張していた僕に対し、その女の子は僕に対して怒っていた記憶がある。
具体的な理由は忘れてしまった。
その女の子は、高校・大学を経て社会人になっても小学生の時から変わらず誠実さ純粋さを保っており
昔から変わらない性格を見ると少し暖かい気持ちになった。
外見は小動物のような女の子が立派な大人な女性になっていたことも確かなことだ。
そのような謙虚で健気な女性を見ると、守ってあげたくなる。
好きという感情とは違った


◇感想
簡潔に表現すると、時間軸を飛び越えて男女が恋をするお話。
この作品はストーリの中に、時間軸を移動しSF要素が含まれており非常に

12月は師走

WORK

最近の近状報告
今年の4月5月に比べ多忙になりました。オフィスの環境整備するPJのマネージャーを任していただいております。社内のオフィス環境について、思う事は現在のオフィスは無機質で帰属意識が芽生えないオフィスです。また、設備環境に関しては節電を意識しているためか、非常に暗く社員の気持ちを暗くするような雰囲気です。

良いオフィスは、コンセプトがしっかりと決まっていて何かしらのメッセージ性のあるオフィスだとおもうので考えて必ずやってよかったと思えるPJにします。