more better.

an aspiring IT engineer.

基本情報メモ(データベース)

ロールバック 
トランザクション処理において、処理の途中で何らかの障害が発生したとき、データの整合性が取れなくなる。開始時点の状態に戻してデータの整合性を保つ処理がロールバックである

ロールフォワード

ロールフォワードは、データが記録されているハードディスクに障害が発生したときに用いられる。バックアップファイルとジャーナルファイルを用いて、ハードディスクの障害発生以前の状態に復元する。

勉強したときごっちゃになっていたが、
バックが論理、フォワードが物理的にという感じかな。


それともーひとつー

コミットメント


データベースに対して更新処理を行う場合

成功⇒これを確定する(コミット)
失敗⇒アボード(ロールバック)して取り消す

複数のデータベースを更新するトランザクションについては
「コミット/アボード」動作を制御しなくてはいけない。

これをコメット制御というここ重要

○2相コミットメント
これは、以下の2点で行われます。
・とりあえず各データベースを更新し、結果報告をする(第1相)
・結果報告に応じて、各サイトの状態を確認してから全コミット/全アボードを指示(第2相)
という2段階でトランザクションを制御します。
この方法は、「すべてが確実に更新を反映された状態」と「すべてが何もなかった状態」のどちらかになります。