読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

more better.

an aspiring IT engineer.

君の名は。

◇経緯
今大ヒットを飛ばしているあの有名な映画、「きみの名は。」を女の子と一緒に見に行った。
小学校時代、中学生時代の同級生で、入学後小学一年生で同じクラス隣の席だった子だ。
僕は幼稚園から小学生に上がりたての時本当に人見知りでがちがちに緊張して学校生活を送っていた。
がちがちに緊張していた僕に対し、その女の子は僕に対して怒っていた記憶がある。
具体的な理由は忘れてしまった。
その女の子は、高校・大学を経て社会人になっても小学生の時から変わらず誠実さ純粋さを保っており
昔から変わらない性格を見ると少し暖かい気持ちになった。
外見は小動物のような女の子が立派な大人な女性になっていたことも確かなことだ。
そのような謙虚で健気な女性を見ると、守ってあげたくなる。
好きという感情とは違った


◇感想
簡潔に表現すると、時間軸を飛び越えて男女が恋をするお話。
この作品はストーリの中に、時間軸を移動しSF要素が含まれており非常に