読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

more better.

an aspiring IT engineer.

映画感想

 

 映画レビュー

あらすじ

心の病を治す仕事を行っている女性が主人公。主人公が飛行機事故の生存者の心の病気を治そうとする物語。前半は、生存者の人たちの苦しい心の声をカウンセリングにて必死に聞こうとし、カウンセリングを行う中で生存者の一人の恋に落ちる。後半では自分自身も飛行機事故の被害者であったことがわかり、飛行機事故からそれまで行ってきたことは天に旅立つ準備だったことを知らされる。実は生存者はおらず皆死んでいた。最重的に主人公は自分の死を受け入れ旅立つ。

 

感想

はじめは現実味を帯びた作品として見ていたが、話が進むにつれ違和感が増してきた印象。話の要素として恋愛・家族愛など少し盛り込みすぎたように思えます。家族の愛(姉との絆)か、男性との恋愛のどちらかに焦点を絞り、話を展開したほうがよりユーザに対して感動を与えてくれる気がするかなぁ。あくまでも個人的な意見ですが。

また、表現技法は全く別ですが、邦画の「黄泉がえり」を彷彿させるような映画です。辛口のコメントばかりでもつまらないので良い点を。主役のクレアを演じたアン・ハサウェイは非常に美人で癒されるオーラをもっており才色兼備という名にふさわしい!!!美しいって素晴らしい!生まれ変わったらアン・ハサウェイの髪の毛になり、風になびかれたいです。