more better.

an aspiring IT engineer.

物事を客観的にみるということ

物事を客観的に見るということは、自分自身できているようでできてないことが多いと感じる。決まり切った同じ生活スタイルを継続して続けていると、考え方が固定化され柔軟な発想や新しい考え方に対し嫌悪感を抱くことがある。変化なしに成長はないという言葉があるが、日々変化し続け日々自分を磨いていく姿勢が大切なのだと思う。

 

社長から言われた言葉

挨拶と元気が一番重要と言われた。社会人としての基礎力に含まれることであり当たり前だと自分は思うが、うちの会社はできていない社員が本当に多い。情けない話である。僕はほかの社員に元気を与えれるような社員になりたい。