読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

more better.

an aspiring IT engineer.

青い炎

 

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

 

 久しぶりに(約10年ぶり)貴志祐介の作品である「青い炎」を読んだ。

 初めてこの本を読んだのは高校生の時で主人公と私が同じ程度の年齢であったため、主人公に感情移入して読みきり衝撃的だったことを覚えている。私は高校生時代、いつも物事を斜め上から見下ろしている人間だった。また、動機は違うにしてもこの本の主人公のように平気で嘘をつき目的のためには友達であれ、家族であれ、利用するという自己中心的で愚かな思想を持っていた。自分の利益のみを追求し、他社への思いやりが欠如し非常に傲慢で道徳的に反する行動を取ったりしたこともある。改めて、この本を読み返した後当時の記憶がよみがえってきてきた。当時はまだ精神的に子供であったことを再認識させられた。